1年夏休み課題
スケッチ

学生自身が「良い」と感じた建築物のスケッチを行った。サイズはA4以上。枚数は10枚以上。描き方は、鉛筆画、水彩画等、問わず自由画法。選ぶ建築は新旧問わず、建築家の作品・歴史的建造物・名もない建築でも可。ただ学生自身が「良い」と感じた建築物を探して描いた。課題の目的は、描いた建築物とその周囲の環境を考察し、何故そこにその建築が「存在する」のか、周辺環境にどのような影響を与えているかを捉えること。そして、自学生自身がどのような建築を好むのか、自身の建築に対する考えを深めるためにスケッチを描いた。

五十嵐 森悟

山崎 広貴

藤村 健

中島 啓太

島影 美希

松山 昴

福井  夏澄

彭 秋予

北川 優斗

横島 有紗

伊藤 友哉

佐藤 奏

上間 至

< 1年課題一覧へ